組織概要

審判委員会とは

審判委員会は、兵庫県内におけるサッカー、フットサル競技において、審判活動に対し統制する権限を持っています。 主な内容として、審判員の新規登録・更新・移籍手続きの実施、また資格講習会やトレーニングセンターを開催し、審判員およびインストラクターの育成・強化と指導、 若手審判員の発掘・育成を行っています。
また、兵庫県協会主催・主管等の各種競技会へ審判員およびインストラクターの割り当て、派遣を行っています。

委員会 概要

県または各都市協会から選出された委員で構成された「審判委員会」を月に一度開催しており、以下の活動を推進するよう務めています。

  • 1.日本サッカー協会、関西サッカー協会、県下13都市協会との連携・交流を図り、県下の審判員・インストラクターの育成と強化を行う。
  • 2.審判活動全般にわたる調査・研究活動。
  • 3.県協会(または関西協会)が主催・後援する大会への審判員およびインストラクターの割り当てと派遣。
  • 4.3級審判員、3級インストラクターの資格認定講習会ならびに更新講習会の実施。
  • 5.審判員スキルアップ研修会の実施。
  • 6.審判トレーニングセンターの実施。
  • 7.上部団体への2級審判員候補者、2級インストラクター候補者の推薦。
  • 8.各種講習会への講師派遣。
  • 9.若手審判員・女子審判員の強化育成活動。
  • 10.競技規則の改訂、通達および審判指導指針に関する情報展開。

組織図

審判委員会 組織図

審判登録人数

  審判員
サッカー フットサル
1級 6名 0名
女子1級 2名 0名
2級 117名 14名
3級 789名 184名
4級 10,697名 1,034名
合計 11,611名 1,232名
  インストラクター
サッカー フットサル
1級 3名 1名
2級 36名 4名
3級 99名 9名
合計 138名 14名

2020年3月31日現在