第9回
THE FOOTBALL CONFERENCE HYOGO 2014

恒例となりました兵庫フットボールカンファレンスを今年も第4土曜日に開催しました。
今回は154名もの受講者が参加されました。

 と き 2015年1月24日(土)
 ところ 神戸しあわせの村
       

1.オープニング

 ・開会あいさつ
 
  (一社)兵庫県サッカー協会技術委員長
                   昌子 力

2.実技
 
◎テーマ『パス&コントロール〜観て判断する〜』       
コーディネーターより、ガバナーカップから抽出した     
  ・観る      
  ・効果的なポジショニング     
  ・決定力      
の3つの課題を意識してあることを解説した後、     
参加者を年齢別に4つのグループに分け、     
実技メニューに取り組んでもらいました      
 ・メニュー
     ウォーミングアップ 3対1 
     TR1   3対2 
     TR2   3対2+2サーバー
     ゲーム 4対4+2GK
 ご報告

 『FIFA会長賞 受賞 賀川浩 氏』

 『全日本高校女子選手権 2連覇
        日ノ本学園監督 田邉友恵 氏』

  
 両氏の功績を紹介。
 会場の田邊監督より、大会の感想と応援へのお礼の言葉が
 ありました。
 
 

3.全体会 1

    『2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会 TSG活動報告』

    「ワールドカップから見えた今後のサッカーの方向性」
         Japan's Way の達成に向けて、今、我々ができること

     日本サッカー協会TSG(テクニカルスタディグループ) NTC(ナショナルトレセンコーチ) 松田 浩 氏

     育成年代の大変さに触れ、偏らずにサッカーの原理原則を理解することの大切さの話から、
     続いて、ワールドカップ分析報告を映像を交えながら解説して頂きました。
     そして育成年代への示唆に続き、最後に質疑応答の時間もとって頂きました。
    
ワールドカップから見えた今後のサッカーの方向性 世界のサッカーの潮流
サッカーの本質 育成年代とJapan's Way
映像を見ながらの解説 育成年代への示唆
4.全体会 2

『第2回ガバナーカップの報告』
  ユースダイレクター     小森 康宏
 昨年3月末に開催したガバナーカップのTSG分析映像を
 もとに、午前の実技テーマとの関連も含めたプレーに
 ついての解説。(大内由紀夫氏)
 また、この2015年3月に開催される第3回大会には
 ブラジルからチームも参加し、国際色豊かな大会を継続。
 TSG作成の分析DVDの特別販売も紹介。
 
5.13FAからの活動報告

 淡路協会     中野 俊幸
 3種年代の取り組みを中心にした報告。
 4種での成績とのつながりも合わせながら、
 淡路協会の岐路(3種→2種)の話など
 現状分析と今後の決意について報告がありました。
 

   6.指導者養成部事業報告

 
  指導者養成部 三浦 清司



   7.クロージング

 
 ・閉会あいさつ
  指導者養成部長 鈴木義章


   
 (進行役:三浦 清司)