第7回
THE FOOTBALL CONFERENCE HYOGO 2012

恒例となりました兵庫フットボールカンファレンスを今年も第4土曜日に開催しました。
今回は、164名もの受講者が参加されました。

 と き 2013年1月26日(土)
 ところ 神戸しあわせの村
       

1.オープニング

 ・開会あいさつ
  (一社)兵庫県サッカー協会専務理事
                   中桐 俊男

  (一社)兵庫県サッカー協会技術委員長
                   昌子 力

2.実技

 テーマ『ボールを奪う』 
           
 ・メニュー
     ウォーミングアップ(鬼ごっこいろいろ)
     TR1 2対2+2サーバー
     TR2 3対3 ラインゴール
     TR3 2対2 + 2対2
     TR4 4対4 ++GK

3.分科会

    分科会の充実を図り、時間を大幅に増やしました。
    参加者同士の活発な意見交換が盛り上り、時間が足りない分科会も。
FAから代表選手を輩出するために 指導者養成事業強化
グラスルーツサッカーの強化 女子の強化
13FAの連携 (女子の強化)



4.講演1
『2012岐阜国体少年サッカー兵庫の検証T』
    JFA関西担当     内山 篤

    今年度の岐阜国体の映像を流しながら、個々のプレーについて解説をして頂きました。
    テーマに沿った映像を静止させ、タッチパネルを用いて静止画に線や印を書き込んでの
    解説となり、非常にイメージしやすい講演となりました。
 
5.講演2
『2012岐阜国体少年サッカー兵庫の検証U』
    国体監督     菊池 彰人

    岐阜国体で優勝した兵庫県チームの戦い方について、試合の映像などを用いて
    監督の菊池さんに解説して頂きました。「攻撃的に運び、常に主導権を握る」を
    コンセプトに、3つの狙いを持って試合に臨んだそうです。
 
6.講演3
『西播磨FA 活動報告』
 西播磨サッカー協会 技術委員長   武内 紀憲

    ここ数年取り組んできた西播磨FAの活動報告をして頂きました。
    ヴィッセル神戸のサッカー教室、JFAの柳田ドクターによるストレッチ・体幹のセミナー
    といったサッカ−界の面々に協力してもらっただけではなく、
    平尾誠二氏(神戸製鋼ラグビー部GM)をお招きして、
    指導者の意識向上につなげた事例などを紹介して頂きました。
 


 7.分科会報告・質問に対する回答


 各分科会の内容報告及び分科会内での話題た質質疑応答をおこないました。

   8.クロージング

   ・閉会あいさつ
  指導者養成部長 中根成介


   
 (進行役:三浦 清司)