兵庫県サッカー史ウェブサイト
兵庫サッカーの礎 世界のスーパープレーを見た 兵庫から世界へ 兵庫サッカーを語る
(1)サッカー黎明期 − サッカーの伝来とKR&ACによる浸透
(2)兵庫サッカー黄金時代 − 御影師範や神戸一中が日本一に
(3)サッカー先進地・兵庫 − サッカーのメッカと法人格を持ったクラブ
兵庫サッカー略史

インデックスに戻る

ホームに戻る

兵庫サッカー略史
大正10年(1921) 

大日本蹴球協会創立。全日本選手権近畿予選地区として発足。

昭和2年(1927)  

大日本蹴球協会より独立し「大日本蹴球協会兵庫支部」となる。

昭和6年(1931) 

関西蹴球協会が設立され、その傘下に入り「関西蹴球協会兵庫支部」となる。

昭和12年(1937) 

「関西蹴球協会兵庫蹴球協会」と改称。

昭和14年(1939) 

「兵庫蹴球協会」と改称。

玉井操会長(昭和14年〜34年)
砂田重民会長(昭和34年〜平成3年)

昭和44年(1969) 

神戸市立中央球技場が完成。

昭和53年(1978) 

大日本蹴球協会の法人化と組織変更に伴い「兵庫県サッカー協会」と改称。 三木記念会館内に事務所を移転。

昭和54年(1979) 

FIFAワールドユース 神戸で8試合を開催。

瀬川幸一会長(平成3年〜4年)
高砂嘉之会長(平成4年〜14年)

平成9年(1997) 

ヴィッセル神戸がJリーグに昇格。

平成11年(1999) 

FIFAワールドカップ 神戸での開催が決定。

平成14年(2002) 

FIFAワールドカップ 神戸で3試合を開催。

皆木吉泰会長(平成14年)
村田忠男会長(平成15年〜18年)

平成17年(2005) 

社団法人兵庫県サッカー協会設立。

佃幹夫会長(平成18年〜)